スポンサーサイト

  • 2014.03.12 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    *獣の奏者 恐獣編

    • 2011.10.14 Friday
    • 00:56
    こんな人間になったことを、母は悲しむだろうか。成長したエリンの物語、続編。
    『獣の奏者 恐獣編』 上橋菜穂子

    あっという間に2巻まで読んでしまいました。
    アニメの内容はこの王獣編までですね。

    エリンも大人になり、
    国の底に渦巻く、政治にだんだんとかかわっていってしまいます。
    そして、エリンは迷う。
    自分が望んでしてきたことは間違いだったのか。
    逆にリランやその家族たちを苦しめることになっているのではないか。
    王獣たちを救う道はどれか。
    母は何を想って死んだのか。

    1巻よりも断然読み応えがあって面白かったです^^
    政治が絡んできますが、
    全部が国の成り立ち、そして王獣規範に収まる結末にはさすが!としか言えないです。

    上橋さんの小説は、
    私のバイト先でもそうですが、
    児童文学に分類されることがほとんだだと思うんですね。
    でも、上橋さんの書く物語には、甘さがない。
    いつだって、世界の厳しさを書いている。
    だから、ある程度年をとってしまったような私や、
    もっと年をとった大人にだって楽しんでもらえるはずです。

    文庫化はされてないですが、
    続きとなる探究編、完結編、そして外伝も早く読みたくてうずうずしてます^^;笑
    新品を買うのはさすがに無理なので、
    明日から古本屋回ってみますー^^

    スポンサーサイト

    • 2014.03.12 Wednesday
    • 00:56
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM