スポンサーサイト

  • 2014.03.12 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    *かなたの子

    • 2013.12.12 Thursday
    • 00:42
    私はずっと許されていたのだ。
    『かなたの子』 角田光代

    脈々と続く生のお話。
    短編集だけれど、テーマは統一されています。

    「前世」「わたしとわたしではない女」
    の2作が特に好きです^^

    当たり前なんですけれど、
    自分ひとりの命は幾千万もの奇跡の末に生まれたものなんだなって。
    この二つは文章の雰囲気はすごく重くて灰色とか影をイメージしてしまいますが、
    なんだか読後は救われた気分になるので不思議です。

    毎日を必死に過ごしていると、
    命を背負って生きているということを忘れてしまいがちです。
    でもそのことを時々でも思い出し、
    プレッシャーを感じることも大切なんだろうなって思います。

    テーマが重いからこそ美しい文章が生まれるのですね。

    スポンサーサイト

    • 2014.03.12 Wednesday
    • 00:42
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      生れるより先に死んでしまった子に名前などつけてはいけない。過去からの声があなたを異界へといざなう八つの物語。日常に形を変えて潜む、過去の恐怖。著者の新境地、泉鏡花賞の傑作短編集。 生まれなかった子が、新たな命を身ごもった母に語りかける。あたしは、海の
      • 粋な提案
      • 2014/05/20 2:39 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << September 2019 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM