スポンサーサイト

  • 2014.03.12 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    *”文学少女”と飢え渇く幽霊(ゴースト)

    • 2013.08.10 Saturday
    • 18:26
    すべての気持ちを伝えられるわけではない、けれど。
    『”文学少女”と飢え渇く幽霊(ゴースト)』 野村美月

    紙に書かれた物語を食べるっていう妖怪的な遠子先輩だけど、
    性格が本当に人間らしくてすごく好きです^^

    気持ちっていうのは声に出さなければ、
    どんなに親しい仲でも正確に伝わるっていうことは無くて。

    でも、気持ちをすべて伝えることが愛情ではないんですね。
    あえて言葉にしないことで相手を自由にすることも、
    逆に縛りつけることもできる。

    難しいものですね…。

    それにしても流人という存在、
    憧れますね。
    あそこまで自分の気持ちに正直に生きることができたら、
    どんなに辛いことがあっても、真っ直ぐに歩けるんだろうな。

    *”文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ)

    • 2013.08.10 Saturday
    • 18:12
    嘘も真実。
    『”文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ)』 野村美月

    ずーっと気になってたんですけど、
    「ライトノベル」レーベルってだけで躊躇っていたシリーズです。
    でも、その考えはもったいないかなーってことで読んでみることにしました^^

    『ビブリア古書堂〜』以降に出ていたら
    もっと売れたんだろうなーと思ったり思わなかったり。笑

    遠子先輩と心葉くんのお話、
    すっごく可愛いくて、優しいですね!
    遠子先輩のお茶目な感じ大好きです^^
    なんだかんだ言って、遠子先輩に振り回される心葉くんも可愛いですー!

    こうして自分と同じ時代に生きる人たちに書きかえられるだけで、
    小難しく感じてしまう太宰治も『人間失格』も身近に感じられますね。

    私にはやっぱり竹田さんの気持ちを理解することは難しいけれど、
    ”想像”することはできるし、そうすることが大切なんでしょうね、きっと。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM