スポンサーサイト

  • 2014.03.12 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    *晴天の迷いクジラ

    • 2012.03.11 Sunday
    • 13:58
    ただ、死ぬな、って言えたら良かったんだ。
    『晴天の迷いクジラ』 窪美澄

    ただ死ぬなって、
    生きていてほしいって、
    全く知らない人だっていいから、
    そう言ってもらえるだけで人は生きていけるって思いました。

    絶対に一人じゃない。
    素直に救いの手を求めていいんだって、
    そう思えたお話でした。

    もしかしたら
    死に来たかもしれない迷いクジラも
    生きようと海に帰って行ったように、

    人だって迷っても、
    まだ生きていけるはずですよね。

    *ふがいない僕は空を見た

    • 2011.10.11 Tuesday
    • 23:12
    子どもは、自分の親や人生を選んで生まれてくるんだよ。
    『ふがいない僕は空を見た』 窪美澄

    生きることを真正面からとらえた小説。
    ってことくらいしか言えないです…。

    何度か出てくる、「子どもは親や人生を選んで生まれてくる」って意味の文章に対し、
    「本当にそうなの?」「本当にそうだったの?」と問いかけ続けている人たちの物語。

    そして、登場人物みんなが優しい。
    どこかにちょっと足りない部分を抱えていながらも、
    本当に優しい。

    生まれ、生きるということは時に愚かで、時に尊い。
    そんなことを心の底から思える一冊でした。

    今更だけど、全力でお勧めしたい!

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM